読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンク・ジョブ(2008)

ロンドンのベーカ街ストリートと聞いただけでホームズに絡めたミステリー映画化と思ったあさはかなシャーロキアンの皆さん、残念ですが私と同レベルの思考能力です。

ロンドンで起こった実在の銀行強盗を元に、何故報道規制がとられるまでの事件に発展したのか?を想像で補いながら描いた映画がこのバンク・ジョブです。

 

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

バンク・ジョブ デラックス版 [DVD]

 

 

それにしてものっけから大人のシーンから始まるぜ!クレイジーだぜ!

このじめっとしたやり場のないどことなくけだるい感じ、これこそわたしの脳内イギリスです、イイネ!

主人公のテリーは過去にやんちゃをしていた素人こそ泥、現在は中古社業を営みながら家族と暮らしていますが、苦しい生活に横暴な警察官と幸せの日の目を見ることは出来そうも有りません。

そんなときにふっとわいた銀行強盗話。その裏にイギリスの秘密組織・MI5の思惑があるとも知らず、テリーは仲間を集め地下からの穴掘り大作戦で銀行強盗を無事成功させます。

 

一応彼らなりに考えて見張りを立たせたり言い訳を考えたりするものの、そこは素人。

穴を掘る際に出る騒音やトランシーバーの傍受など考えれば思いつきそうな失態を次々と犯して行きます。

地下にトンネルを作って強盗を働くなんて使い尽くされたネタですが、このうっかりのせいで余計なハラハラドキドキが加わって心臓に悪い…しかもこの方法が実話なんて!

もしかしたら当時としては画期的な方法だったのかもしれませんが、歴史上実行した犯人がどれくらいいるんだろう…

 

後半は無事に銀行から大金を盗み出したものの、様々な組織の秘密情報まで持ち出したために各方面から狙われ絶体絶命状態に。

それにしても私が良いなと思ったキャラクターが死んで行くのはなんででしょうね。いや実話だから仕方が無いのかもしれないけど。

登場したときからなんとなく脇役感はでていたけど。

あまりにもあっさり退場してしまいました。この時点で少しテンションが下がるゥ!

もともと銀行強盗なんて悪事を働いたので自業自得かもしれないけれど、腐敗しきった背景が描かれていてその中でもがいたテリーを見ていたから応援せざる負えない。

ジェイソン・スティサムがかっこ良すぎるのもあって負えない。(スナッチは良い映画です)

 

登場人物達は己の役割を掲げて徹底的に追いつめてきます。何よりも自分の任務が一番大事。風俗大王VS政府VS悪徳アフロというまさに四面楚歌。

果たして利用されたまま終わるのか?どこかに正義は残されているのか?

銀行強盗なんで自業自得な感じもあるんですが、イケメンが生活に困窮していたらそりゃね…。

舞台は広くないんですが、ドキドキとスリリングさが合わさった面白い映画でした!

 

 それにしても公式サイトがむちゃくちゃかっこいいんだぜ!アクション映画かと思った皆さん、残念ですが割と地味目な映画です。

広告を非表示にする